インストラクター

  1. HOME
  2. インストラクター

Instructors

ディーラー教育の経験豊富な外国人講師が授業を担当。

授業は英語で行われますが、通訳がいますのでご安心ください。
  • ロイ・ウィートリー
    名誉校長

    ロイ・ウィートリー

    株式会社グローバルコンサルティングの最高経営責任者 オーストラリア発のカジノ: ウレストポイント・カジノタスマニアでのディーラー、ヒルトン・インターナショナル・カリブ北米と南米の国際マーケティング担当ディレクター、マリーナベイサンズシンガポールディレクター、国際ビジネス開発のペアモントグローバル国際ビジネス開発部長…etc.として様々なカジノ経営、経験に精通

    スティーブ・キャロル紹介のロイ・ウィートリーは世界を股にかけ忙しく走り回るコンサルタントである。シンガポールでのマリーナベイサンズホテルの完成にともない現地でゲーミングインストラクタースクールを開校、現在大成功に至る。私どもは彼がシンガポールで大成功を収めた学校カリキュラムを日本で活用し、有能なディーラーの育成を推進していきます。この業務提携はまさに日本唯一であり、最高峰のIR人材育成のためのインターナショナルゲーミングカリキュラムで、スクール作りの根幹をなすものとなるでしょう。


  • スティーブ・キャロル
    最高顧問

    スティーブ・キャロル

    ユーロアジアコンサルティングの代表取締役兼最高経営責任者でもあり、カジノ開発のあらゆる面において世界で最も有名な専門家/カジノコンサルタントの1人。

    世界中の125以上の国々でカジノマーケティング活動を行い40年以上の実践経験をもち、業界の指導者として、カジノの役員やスタッフの教育にも従事。

    彼はまさに日本国政府がIRに関して最も重要に接したい人物の一人である。シンガポールのマリーナベイサンズホテルの立ち上げのオペレーションや、その他100箇所以上のカジノオペレーションをしている責任者であり、第一人者である。そんな彼が私どもの日本でのIR事業に必要な人材育成のためのスクールを作るといった企画に賛同し、現在はより高度な形での業務提携を約束してくれている。私どものバックボーンとしては絶対に欠かせない人物の一人である。


  • フィル・ハーパー
    IGSゲーミングインストラクター

    フィル・ハーパー

    イギリス生まれのハーパー氏はランカスター大学で環境科学を学び、BA of Arts取得。1977年にイギリスにある会社でカジノディーラーとして入社。マネージメントポジションまで昇進し、更に1987年にカジノオーストリアクルーズシップでマネージャーとして仕事をしながら4年間かけて世界一周。1991年に南アフリカ到着。
    南アフリカでは、サン・インターナショナルでカジノマネージャーとして6年間働いた後、1997年に南アフリカの新しいゲーム法の下でカジノライセンスを付与された新会社グローバル・リゾーツに入社。1998年にヨハネスブルグに転勤し、エンペラー・パレス(元シーザーズ・ハウテン)と呼ばれる新しいカジノのテーブル部門を設立。15年間、皇帝宮殿のテーブル部長を務め、70を超えるゲーミングテーブルと、400人を超える従業員を監督。
    エンペラー・パレスで19か月間コンサルタントとして働き、2014年末退職。IGSエグゼグティブアドバイザーとしてウィートリー氏が推薦。2020年に日本へ来日、IGSでトレーニング開始

  • マーク・カールトン・スミス
    IGSゲーミングインストラクター

    マーク・カールトン・スミス

    1997年、22歳だったスミス氏は6ヶ月間だけカジノディーラーとして仕事をし、お金を稼いで、ヨーロッパを回ると最初は決意していたが、アフリカ、レソトにあるマセル市でディーラーとして長きにわたり活躍した後、モルラリゾートでテーブルマネージャーとして昇進し、更にその他のカジノからヘッドハンティングされる。次はサン・インターナショナルでカジノオペレーションとして、その後はソーゴーサンカジノで活躍する。そして2000年にはモンテカジノのオープニングチームとしてシーザーズにヘッドハントされました。シーザーズでは2つのポジションを与えられ、エンペラー・パレスでジェネラルマネージャーゲーミングオペレーションズとグループテーブルエグゼクティブとして大活躍。現在は南アフリカで中小カジノ管理サービスのコンサルティングを行う。IGSエグゼグティブアドバイザーとしてウィートリー氏が推薦。2020年に日本へ来日、IGSでトレーニング開始

  • 北垣 智佑貴
    IGS大阪校校長&
    IGSゲーミングインストラクター

    北垣 智佑貴

    2006年以降、ラスベガス・ディーラースクールと韓国7LUCKカジノで世界基準のディーリングトレーニングを修了し、2014年にシンガポール・マリーナベイサンズのカジノに勤務。帰国後は、海外IRのマーケティングや大学および専門学校での人材教育の他、大阪府と地元企業のIR関連アドバイザリーを受託支援。 Responsible Gamingの理念を礎にIR事業の推進に努める。